どこまでできる?セルフリフォーム

セルフリフォームのメリット

壁のセルフリフォームをする

まずセルフリフォームのメリットは、安い価格で済ませることができる部分です。
業者に依頼すると、リフォームの内容にもよりますが10万円から20万円になります。
規模が大きくなると、それ以上の料金を請求されるかもしれません。
ですがセルフリフォームにすれば、5万円から10万円で済みます。
費用削減を優先するなら、絶対にセルフリフォームの方が良いです。
セルフリフォームでは、どのようなことができるのでしょうか。
本人のやる気次第で、たくさんのことができます。

壁紙を貼り変えることもできますし、棚を作ることもできます。
床が古くなってきたら、張り替えましょう。
それもセルフリフォームでできます。
窓をもっと機能性の高いものや、オシャレなものに変えることもできます。
いきなりいろんなことのセルフリフォームをするのは難しいかもしれないので、少しずつ慣れて行ってください。
簡単なことから挑戦すれば、回数を重ねるごとに上手くなると思います。

セルフリフォームをする際は、時間に余裕を持ってください。
業者に任せた時に比べて、時間がかかる部分がデメリットだと言われています。
早く済ませようと思って焦っても、雑な仕上がりになるのでやめてください。
最初から時間に余裕を持ってセルフリフォームをしていれば、ゆっくり作業することができます。
すると見栄えも良くなり、セルフリフォームした住宅だとは思えなくなります。
家に来たお客さんも、ビックリするでしょう。

自分好みに住宅を作り変えよう

壁が汚くなったら、壁紙を張り替えることで解決できます。 好みの壁紙を見つけて、張り替えてください。 また、壁に棚があればもっと便利になると思ったことはありませんか。 棚を自分で作ることも可能です。 少し難しいので、作り方をしっかり確認してください。

床が古くなったら張り替えてみよう

大事に扱っていても、床は毎日踏むものです。 住宅の中でも、劣化しやすい部分だと言われています。 古くなった床は、抜け落ちる危険性があります。 セルフリフォームで張り替えられるので、早めに新しくしましょう。 簡単な方法があるので、初心者はその方法を使ってください。

オシャレな窓にしたい

セリフリフォームでは、窓に関係することもできます。 もっとオシャレに見せたいと思っている場合は、カーテンを変えてください。 ロールスクリーンに変えれば、一気にオシャレに見えます。 専用の部品が必要になりますが、取り付けるのは簡単です。 セルフリフォームをしてみましょう。

TOPへ戻る