セルフリフォームのメリット

自分好みに住宅を作り変えよう

壁紙の交換方法を学ぼう

壁紙を交換する時は、新しい壁紙と、糊が必要になります。
どちらも普通に販売されているので、手に入れるのは簡単だと思います。
今の壁紙を剥がしたら、その上に新しい壁紙を貼っていきます。
いきなり全体に貼ると、シワができたり気泡が入ったりして汚い見た目になります。
少しずつ貼って、シワを伸ばしてください。
すると気泡も入らないので、平らに貼れます。

初心者は、シールタイプの壁紙がおすすめです。
壁紙の裏がシールになっていて、糊を用意する手間を省けます。
手が汚れる心配もないので、初めて壁紙を交換する人はシールタイプの方が良いでしょう。
インターネットでも、壁紙を購入できます。
そちらの方が、たくさんの種類があります。

棚を壁に取り付けよう

収納スペースがなくて困っている人は、空いている壁を利用して棚を作ってください。
難しく感じますが材料は棚の土台とネジと、いくつかの工具です。
意外と揃えるものは少ないので、初心者でもできるセルフリフォームだと言われています。
棚の大きさを、まずは考えてください。
大きな棚を作った方が便利だと感じますが、作る負担が大きくなります。

自分で上手く作れるか心配な人は、最初は小さい棚を作ってください。
そして作り方覚えたら、大きな棚を作りましょう。
どのくらいのものを置くのか決めておきましょう。
すると土台に使う素材を選択しやすくなります。
軽いものなら、発泡スチロールで代用できます。
重いものを載せるなら。丈夫な板にしましょう。


シェア
TOPへ戻る