セルフリフォームのメリット

オシャレな窓にしたい

ロールカーテンを取り付けよう

ロールカーテンを取り付ける時は、専用の棒が必要になります。
通常は棒を、ネジで取り付けます。
しかし、アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる場合は、壁に穴を開けることができないかもしれません。
集合住宅で暮らしている人は、セルフリフォームをする前にどのような決まりになっているのか確認してください。

穴を開けることができない場合は、突っ張り棒タイプの製品がおすすめです。
それなら、穴を開ける必要がないので取り付けも簡単です。
マジックテープで取り付ける製品も人気です。
いろんなサイズがあるので、リビングだけでなくお風呂などにも使えます。
家の雰囲気を変えたい時に、ロールカーテンを使用するのが良い方法です。

網戸を窓に付ければ便利

夏は暑いので、窓を開ける機会が増えると思います。
自然の風が入ってくれば涼しくなりますが、虫も一緒に侵入してしまいます。
虫が入ってこないように、網戸を取り付けてください。
リフォーム業者に依頼するとすぐに取り付けてくれますが、料金が発生します。
自分で取り付けましょう。
まずは窓の大きさを調べなくてはいけませんが、高さや横幅だけでは足りません。

2重の窓になっている場合は、隙間が生まれます。
隙間の大きさもしっかり計測してください。
あとはピッタリの網戸を購入して、取り付ければ完成です。
取り付けたら、スムーズに窓が開くかチェックしてください。
きつい場合は、ビスを緩めると解消できます。
網戸を付けて、快適な夏にしましょう。


シェア
TOPへ戻る